FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田大毅
クンタイトル奪取ならず。
プロ11戦目での初黒星。

負ければ切腹、って気合入れてたけど
負けて学ぶところはたくさんあるはず。

広告塔ではなく、自身のプロ意識で立ち上がる、姿を見たいですね。


《内藤タイトル初防衛、大毅に圧勝 》
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071011-00000015-yom-spo

4ラウンド、亀田大毅を攻める内藤
世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦(11日・有明コロシアム)
日本人選手同士の対戦は、王者・内藤大助(33)(宮田)が、
亀田3兄弟の二男で同級14位の亀田大毅(18)(協栄)を3―0の判定で下し、
初防衛に成功した。

防御に終始して手数、技術ともに劣った亀田大を、内藤が終始圧倒し、
大差をつけて勝利した。

内藤は、徳山昌守の31歳5か月を抜き、
日本のジム所属選手の最年長防衛記録

日本選手との初対戦が世界初挑戦となった亀田大は、プロ11戦目で初黒星を喫し、
日本人最年少の世界王座獲得はならなかった。



      

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。